保証をしてもらう|大きく変わりつつある不動産市場|一生涯の資産に関する情報
つみき

大きく変わりつつある不動産市場|一生涯の資産に関する情報

保証をしてもらう

男女

賃貸マンションや賃貸アパートを借りる時には、通常連帯保証人が必要になります。すでに両親が退職していたり、兄弟や親戚、知人となるとどうしても頼みづらいものです。そこで家賃保証会社です。家賃保証会社は、賃貸マンションを借りる際に代わりに連帯保証人となってくれます。保証会社は、もし入居者が家賃を滞納してしまった場合に、まずは大家さんから家賃の督促がきます。督促がきても家賃を支払うことができないとなると、大家さんは保証会社に連絡をします。保証会社は大家さんに家賃を入居者の代わりに立て替えて支払います。そして保証会社は立て替えて支払った家賃を入居者に対して請求をする流れになります。立て替えてはもらえるのですが、結局その家賃は自分で支払わなければならなくなります。

賃貸マンションを借りる時に保証会社を利用する際の注意点ですが、保証会社を利用するには保証会社に加入するために料金を支払う必要があるということです。契約時の初期費用としてかかります。1万円程度が相場となっています。家賃を滞納した場合に、立て替えて家賃を払ってはくれるのですが、立て替えた家賃の督促が保証会社からきます。それでも支払えないと信用情報にその旨が登録されてしまうこともあります。そうなると今後部屋を借りる時や携帯電話の契約、ローンを組むことができなくなります。こうなるので賃貸マンションを借りる時に保証会社を利用するのはリスクが高いのですが、利用しないとなるとその物件との契約ができなくなるだけです。家賃の支払いには絶対に遅れてはならないのです。